35歳で妊娠と出産の体験記

まずは麦茶かハーブティーを試そう

つわりは早い人で妊娠2ヶ月目から始まります。 このつわりですが、人によってさまざまです。 つまり、ある人には効果がある方法でも他の人には効果がないこともあります。 なので、なつわりを楽にするいろいろな方法を知っておくことが大切。 そして、1週間試してみて効果がないなら、その方法は自分には合っていないと判断して、次のことを試すようにしましょう。 そして、早く自分に合ったつわり軽減を見つけることです。

まず、つわりになることで心配なことの1つが脱水症状になることです。 なので、まず水分を補給するようにしてください。 ただ、普通なら飲める水でもつわりのときは水さえも気持ち悪くて飲めないということもおおいです。 そんなときの水の代わりになるものが麦茶。 麦茶はカフェインがゼロでおなかに野菜いということで麦茶なら飲めたというプレママさんが多いです。 尚、お茶はカフェインが入っているものではなくカフェインが入っていないものを選ぶようにしましょう。

あとはハーブティーです。 麦茶の次に飲んでいる人がいいです。 ただ、麦茶と違いハーブティーはいろいろな種類があります。 なので、妊娠中でも安心して飲めるかどうかを確認するようにしましょう。 尚、ハーブティーは温かくして飲むようにしてください。 真夏でどうしても冷たいものでないと飲めないということでしたら、冷やしたハーブティーでもいいですが、その場合はゆっくり時間をかけて飲むようにしてください。 あとは炭酸水。

これは麦茶やハーブティーと種類が異なる飲み物ですが、特にひどいつわりでも炭酸水なら飲めたというのをよく聞きます。 炭酸水を飲むときは砂糖が入っているのは避けてください。 あと、炭酸水は通常冷たく飲むものなので、ハーブティーを冷たくして飲むときと同様にゆっくり飲むようにしてください。

これらを試してもダメな場合は、レモンティーを試してみましょう。 ただ市販のレモンティーは砂糖が入っているものがほとんどなので、ミネラルウォーターの中にスライスしたレモンを5枚ほど入れたものを飲むようにしてください。 一度作れば3日間ほどは冷蔵庫うに入れておけば持ちます。

他にもルイボスティーという鉄分が豊富なドリンクもあります。 ただ、ルイボスティーはあまりスーパーに売っていないので、ネットで購入しないといけないのが大変ですが、ルイボスティーはプレママに人気があるドリンクなので一度試す価値ありです。

フルーツを食べるようにしよう

ドリンクのあとは食べ物です。 つわりになるとどんなものを食べても吐きそうになり困るものです。 まず試してもらいたいのがフルーツです。 普通のごはんはダメだけど、フルーツなら食べることができたというのも聞きます。 具体的には、バナナ、みかん、グレープフルーツです。 どのフルーツも消化がいいのでつわりのときは常備したいものです。 尚、フルーツは普通冷たいまま食べますが、バナナなら焼きバナナとして食べるとさらにいいです。

実は焼きバナナにすると栄養価がアップします。 さらに温めることで体を冷やす心配もないのでプレママには最適な食べ方です。 もし、妊娠してから便秘になって困っているなら焼きバナナを是非食べてもらいたいです。 フルーツがだめなら冷たいものなら食べることができることもあります。 具体的には、冷麦やおにぎりなどです。

温かい料理だとニオイがするので、そのニオイで気持ち悪くなることも多いです。 冷たいものを食べるときに気を付けてほしいことが塩分と酸味を加えてほしいことです。 妊娠中は体を冷やさないようにすることが大切。 冷たいものを食べれば体は冷えてしまいます。 それを防ぐためにも塩分と酸味が役立ちます。 お酢やポン酢、味噌、酸味のある野菜を使うといいです。

ここで、つわりで飲んだり食べたりできないのでサプリで不足している栄養を補おうと思っているプレママさんもいることでしょう。 安心して飲めるサプリなら葉酸サプリです。 葉酸サプリはプレママさんに作られたものなので、安心飲むことができます。 もちろん、マルチビタミンでもいいのですが、必ずどんな成分がどの程度入っているのかを確認するようにしましょう。

ここで大切なことがたくさん入っているものがいいのではないということです。 栄養というのはバランスよく摂るのがいいのであって、1つの栄養素をたくさん摂るとあまりよくないものもあります。 特に妊娠中はビタミンAはたくさん摂るのはよくありません。 ただ、つわりで普通の食事ができない状態なら、サプリでビタミンAを普通に摂るなら全然心配はありません。 一方、鉄分とカルシウムは不足がちになるので、少しぐらい多く摂っても大丈夫です。 葉酸サプリには鉄分やカルシウムも入っているものもありますので、そのようなものを選ぶといいでしょう。

ここまででは食べ物やドリンクについて話してきましたが、精神状態を安定させることも大切です。 是非実践してほしいことが、35歳で妊娠と出産の体験記の一番下で紹介していますが、深呼吸です。精神が安定していないと呼吸は浅くなります。 それを深く呼吸することで精神はすぐに安定するようになります。 後は、朝起きたら近くを散歩するのもいいです。

静かな朝に散歩するとすがすがしい気持ちになります。 そうするとその1日はとても気分のいいものです。 すると、つわりも早期に収まることも結構あります。 なので、自分の精神状態を安定させることも試してください。